年賀状印刷サイトの価格傾向【2016年】

2016年の年賀状印刷サイトの価格を比較していると、色々と傾向が見えてきました。
年賀状印刷の激安価格を見つけるのに役立つと思いましたので、共有します。

本ページの価格は記事投稿時点。全て税込みです。

宛名印刷が無い場合の価格について

エクセル形式の住所データを利用して、宛名面に送り先も印刷してくれるサービスを「宛名印刷」といいます。

送り先住所がデータ化されていれば、注文も簡単ですが、送り先住所のデータ化が面倒だったり、情報漏えいが心配でもあります。

年賀状印刷を利用する方も、イラストと挨拶文だけ印刷して、宛名は自宅のパソコンで済ませる方が、まだ多いようですね

宛名印刷も有料の場合が多いので、価格に影響があります。まずは、宛名印刷無しの場合について、価格を考察してみました。

カラー印刷年賀状の価格について

当サイトで確認できた最も安い価格です。

10枚:1,568円(digipri)
30枚:3,228円(digipri)
50枚:4,948円(digipri)
100枚:8,332円(ネットスクウェア)

上の価格を1枚あたりに直してみました。

10枚:156.8円(digipri)
30枚:107.6円(digipri)
50枚:98.96円(digipri)
100枚:83.32円(ネットスクウェア)

予想していた通りですが、枚数が増えるほど1枚あたりの価格は安くなります

とくに10枚の注文から、30枚の注文にかけて価格が急に安くなります

もし、10枚程度しか年賀状を送る予定がない方も少し多めに注文しておくといいでしょう。

送っていない相手から年賀状が届いたら、返さないと気まずいですし、10枚以上の注文は1枚あたりの価格が安くなるので、損をしたという気持ちも少ないはずです。

補足:枚数が増えると1枚あたりの価格が安くなるのは、まとめ買いで安くなるという理由と、枚数が増えても送料が変わらないという理由が考えられます。

写真年賀状(銀塩プリント)の価格について

当サイトで確認できた最も安い価格です。

10枚:1,648円(digipri)
30枚:3,528円(digipri)
50枚:5,448円(digipri)
100枚:9,798円(しまうまプリント)

上の価格を1枚あたりに直してみました。

10枚:164.8円(digipri)
30枚:117.6円(digipri)
50枚:108.96円(digipri)
100枚:97.98円(しまうまプリント)

写真年賀状もカラー写真同様に、枚数が増えるほど1枚あたりの価格は安くなる傾向にあります。

もっとも価格が安くなるゾーンも、10枚から30枚にかけてでした。1枚あたりの価格が50円近くも安くなりますよ!

カラー印刷、写真年賀状の価格について

カラー印刷も写真年賀状も、10枚~50枚まではdigipriが最も安いことが分かりました。

100枚以上の注文になると、digipriよりも安いサイトが出てきます。

カラー印刷であれば、ネットスクウェア。写真年賀状であれば、しまうまプリントです。

もともと、ネットスクウェアもしまうまプリントもかなり安い年賀状印刷サイトなのですが、基本料金や送料がdigipriに比べて高いために50枚以下だと僅差で最安になれていないだけです。

digipriネットスクウェアしまうまプリントはどこも年賀状印刷サイトの中では安い価格帯で価格差も大きくないので、使いやすかったり、気に入ったデザインがあるところを利用するといいでしょう。

宛名印刷が有る場合の価格について

既に住所データがある(もしくは、作る手間も厭わない)方は、宛名印刷を頼むと、年賀状印刷でとても楽ができますよ。

宛名印刷の価格ですが、「基本料金+枚数分」という料金設定が基本です。

キャンペーンによって、基本料金無料のサイトもありますし、いくつか宛名料金が完全無料の年賀状印刷サイトもあります

出来る限り、宛名印刷の価格が安くなるキャンペーンを実施ているサイトを利用することで、年賀状印刷の価格を安くすることができます。

宛名印刷を含めた価格の考察をしてみました。

カラー印刷年賀状の価格について

当サイトで確認できた最も安い価格です。

10枚:1,778円(digipri)
30枚:3,613円(しまうまプリント)
50枚:5,093円(しまうまプリント)
100枚:8,793円(しまうまプリント)

上の価格を1枚あたりに直してみました。

10枚:177.8円(digipri)
30枚:120.6円(digipri)
50枚:101.86円(digipri)
100枚:87.93円(しまうまプリント)

また、宛名印刷無しの1枚あたりの価格差も計算してみました。

10枚:21.0円
30枚:13.0円
50枚:12.0円
100枚:4.61円

digipriで宛名印刷を注文すると、基本料金は0円ですが、1枚あたり21円と決して安くない価格です。

対して、しまうまプリント宛名印刷が完全に0円ですので、枚数が増えるほどしまうまプリントの方が安い価格になります。

また、宛名印刷の枚数が多くなるほど、宛名印刷にかかる実質の価格が安くなる傾向にあります。

とくに、10枚から30枚では1枚あたりの価格が40%程度安くなっていることが分かりました。

10枚だったら、手書きできない枚数ではないはずです。もし、年賀状を出す枚数が少ない(10枚程度)のであれば、宛名印刷は頼まない方がいいでしょう。

写真年賀状(銀塩プリント)の価格について

当サイトで確認できた最も安い価格です。

10枚:1,858円(digipri)
30枚:4,158円(digipri)
50枚:5,898円(しまうまプリント)
100枚:9,798円(しまうまプリント)

上の価格を1枚あたりに直してみました。

10枚:185.8円(digipri)
30枚:138.6円(digipri)
50枚:117.96円(digipri)
100枚:97.98円(しまうまプリント)

こちらも、宛名印刷無しの1枚あたりの価格差も計算してみました。

10枚:21.0円
30枚:21.0円
50枚:9.0円
100枚:0円

面白い結果になりました。

30枚までは、宛名印刷の有無に関わらずdigipriが最安になるので、1枚あたりにかかる宛名印刷の価格は21円(digipriの宛名印刷代)と一致します。

50枚以降は、しまうまプリントの方が安くなるので、宛名印刷のためにかかる実質の価格が安くなります。

そして、100枚だと、どちらもしまうまプリントの方が安くなるので、宛名印刷にかかる価格は0円となります。

写真年賀状の印刷で宛名印刷を利用するなら、50枚以上の注文が望ましいんですね。(宛名印刷にかかる実質の価格が安くできる)

しまうまプリント以外にも、ネットプリントジャパン挨拶状ドットコムは宛名印刷の価格が無料です。

宛名印刷を頼む場合は、これらのサイトを使った方が価格を安く抑えることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ