年賀状印刷を安く注文する方法まとめ

年賀状を選ぶのは楽しいものです。最近では凝ったデザインが増え、印刷する紙の種類も増えてきました。

でも!

「どうせなら、年賀状印刷を安く済ませたい!」

そう考えるのは自然でしょう。

今なら50%OFF!
送料無料!
宛名印刷基本料無料!
ハガキ代47円!

そんな宣伝に誘われて、安いと思ったのに最終的には予算をオーバーしてしまった。なんて話はよくあります。

私も年賀状印刷を安く済ませるために、色々な年賀状印刷サイトを比較してきましたが、
そこで分かったのは、年賀状印刷の価格が非常に分かりづらいということです。

年賀状業者も安く思わせるために、上手な宣伝をしています。
こちらのページでは、します!

年賀状印刷にかかる費用

安く年賀状印刷ができるところを探す前に、まずは年賀状印刷にはどのような料金がかかるのかを確認しましょう。

  1. 印刷代:年賀状の裏(宛名を書かない方)の印刷にかかる代金
  2. ハガキ代:官製はがきの代金
  3. 送料:印刷した年賀状を自宅に配送する代金
  4. 宛名代:年賀状の表(宛名を書く方)の印刷にかかる代金
  5. その他手数料:代引きや決済手数料等

年賀状を注文するだけで、こんなに多くの料金がかかるんです。
私が確認しただけでも、年賀状印刷サイトは30近くはありますから、それぞれの値段を全て確認するのは大変ですよね。
一番安い年賀状印刷サイトを見つけるのは1日かけても難しいでしょう。

年賀状印刷のキャンペーンには注意

年賀状印刷サイトでは、安く思わせるような宣伝やキャンペーンが行われています。
あまりにも多くのキャンペーンがあるので、どこが安いのか分かりづらいですよね。

でも、これらのキャンペーンには注意が必要です。
パッと見では安く思える内容でも、実はあまり安くなっていないこともあります。

注意すべきキャンペーン内容をいくつか紹介しましょう。

早期割

12月1日まで!印刷基本料金が50%OFF!

というキャンペーンは多くの年賀状印刷がやっているキャンペーンです。
確かに早く注文をした方が安くなるのですが、焦って注文を急ぐほどではありません。

12月1日を過ぎると

12月8日まで!印刷基本料金が49%OFF!

と少しだけ割引率が低くキャンペーン内容が変わることが多いんです。
10,000円の印刷料金だとしても100円しか違いません。
それなら、焦らずにもっと安い年賀状印刷サイトを探すべきです。

さらに、年賀状の印刷料金は印刷基本料と印刷料金の2種類に分かれていることがあります

印刷基本料金とは枚数によらず発生する料金です。
印刷料金は1枚あたりの印刷料金なので、注文する枚数が増えれば値段も高くなります。
(印刷基本料金と印刷料金をまとめて、印刷料金ということもあります)

キャンペーンで割引になるのは印刷料金でしょうか?印刷基本料金でしょうか?
印刷基本料金だけが割引されることもあるので、しっかりと確認しましょう。

そもそも、元になる印刷料金が高く設定されていて、割引率を大きくしているところもあります。
キャンペーンに期限があると焦ってしまいますが、落ち着いて本当に安い年賀状印刷を調べるようにしましょう。

52円未満のハガキ代

ハガキ代が49円などと郵便局で購入するよりも安い年賀状印刷サイトがあります。
郵便局で購入すれば1枚52円ですから、確かにお得です。

でも、ハガキ代が安くなった分、印刷料金が高くなっては意味がありません。
ハガキ代が3円安くて、印刷代が他の業者に比べて10円高ければ、結局は高いですから。

「ハガキ代が安い=安い料金」にはならないので、トータルで考えるようにしましょう。

宛名印刷基本料無料

宛名まで印刷してくれる年賀状印刷サイトも増えてきました。
宛名だけは家のプリンターで印刷する方もいるようですが、宛名も頼んだ方が手間はかかりません。
業務用のプリンターの方がキレイに印刷できるというメリットもあります。

でも、「宛名印刷って結構高いんだよな」

と躊躇してしまいますよね。

そんな時に、宛名印刷基本料無料と書いてあれば、つい注文してしまいます。
でも、待ってください!

宛名印刷にも基本料と印刷料を分けている業者もあります。

基本料だけが無料でも、一枚あたりの宛名印刷料金が発生してはトータルで高くなることもあります。
最近では、宛名印刷が完全に無料の年賀状印刷サイトも増えていますので、宛名印刷が完全に無料なのか基本料金だけが無料なのかは確認しましょう。

宛名印刷をする予定が無い方は、とくに気にする必要はありません。

送料無料

送料無料はとくに注意することはありません。
一般的には、324円~540円程度の送料がかかるので、それが無い方が安くなります。

でも、年賀状を50枚や100枚も注文すると1万円近くかかるので、数百円安くなってもあまりお得感は感じられません。
送料が無料になってお得感が高いのは、10枚程度の少量注文の場合です。

沢山注文する場合は、あまり送料無料を意識する必要はありません。
逆に、少量注文の場合は送料無料や300円引きなどのクーポンを活用するとかなり安くすることができます。

消費税

年賀状印刷サイトによって、消費税の表示が異なります。これは、安い年賀状印刷サイトを見つけるのを難しくする大きな原因になります。
価格表を確認する場合は、必ず税込みなのか税抜きなのかを確認しましょう。

また、年賀はがきには消費税はかかりません
税抜き表示の年賀状印刷サイトでは、ハガキ代を抜いた金額に8%を足してから、ハガキ代を含めて比較しましょう。

安い年賀状印刷サイトを簡単に見つける方法

年賀状印刷の価格は印刷する枚数や宛名印刷の有無。写真仕上げかカラー印刷仕上げかによって変わってきます。

条件によって、ハガキ代や印刷代を合計して、キャンペーン分の割引を考えれば、一番安い年賀状印刷サイトは分かります。

でも、そんな無駄な時間を使うのはやめましょう!

当サイトは年賀状印刷にかかる全ての費用を合計して比較しています。

宛名印刷の有無と印刷枚数毎に、写真仕上げとカラー印刷仕上げの費用をまとめているので、一番安い年賀状印刷が簡単に分かります。
ほぼ毎日キャンペーンを適用した価格で更新しています。

安い年賀状印刷サイトを調べているなら、是非当サイトをご利用下さい。
(そして、役に立ったと思ったらシェアをお願いします!)

年賀状の選び方

個人的には値段が安いだけで年賀状を選ばないで欲しいです。

せっかく新年の挨拶をしようと思ったのですから、お互いに気持ちのいい年賀状を送ってはどうでしょうか?

年賀状印刷の安い順番からサイトを確認してみてください。
そして、気に入ったデザインがあれば、それを送りましょう。

もし、気に入ったデザインがなければ、、、
次に安いサイトを選びましょう。

値段だけではなく気に入った年賀状を送るのがいいですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ